『令和元年度 第1回モノづくりセミナー』にご参加ください!

<産経センターから無料セミナー開催のお知らせ>
 平成の時代は地球温暖化を皆が実感し異常気象による災害も多くありました。
 CO2削減、省エネ・再エネの推進は社会的使命にもなり、グローバルでの投資家の基準ESGや持続可能な開発目標SDGs等も注目されています。我が国においても省エネ法の対象の拡大や事業者クラス分け制度、ベンチマーク制度など規制の強化の動きと一方で意欲ある事業者に対しては各種補助金の拡充や税制の軽減なども進められています。
 中小企業においてもこのような我が国が置かれている状況を理解し、職場環境の快適さを犠牲にせずに生産性向上や原価低減につながる「儲かる省エネ」を実現することが重要になってきています。
 そのためには現状認識を的確に行い目標設定をどのような体制・組織で行うかなど、具体的な例を挙げてポイントを説明します。
 また省エネ・CO2削減を推進するための平成31年度補助金関係と国や岐阜県の支援制度を分かりやすく解説します。


 中小企業者の皆様など、多数のご参加をお待ちしております。


日 時 令和元年6月5日(水)
13時30分〜15時30分
場 所 OKBふれあい会館 4階 405会議室
(岐阜市薮田南5−14−53)
対 象 中小企業の皆様など
定 員 20名 (先着順)
※定員になり次第締め切らせていただきます。
参加費 無 料
テーマ 『中小企業のための儲かる省エネと省エネ補助金』
内 容
  1. 省エネルギーとは(節電、CO2削減とどこが違う)
  2. まずは現状認識から(経営や人材育成度を反映)
  3. 目標設定は儲けを意識して考えよう(成果は累積)
  4. 具体的に何をするのか(運用改善から)
  5. 成果の見直しも行い継続が重要(無理しない全員で継続)
  6. 補助金の有効利用(どんな種類があってどれを選択するか)
講 師 石原 敏嗣(モノづくりコーディネーター 技術担当)
<プロフィール>
 大手の電気・電子関係メーカーでの開発設計・新規事業開発の経験を活かし、FA関連のコンサルタントとして活動している。
 エネルギー管理士、ISO審査員として省エネルギー診断、工場調査、CO2削減ポテンシャル診断等で100件以上の実績がある。
申込方法 下記参加申込書に記入の上FAX又はE-mailでお申込ください。

お問い合わせ先

(公財)岐阜県産業経済振興センター 産業振興部 総合支援課 窓口支援担当  纐纈、石原
〒500-8505 岐阜市薮田南5-14-53 OKBふれあい会館内
TEL:(058)277−1080 FAX:(058)273−5961
E-mail:sien@gpc-gifu.or.jp
下請かけこみ寺
GPC
公益財団法人 岐阜県産業経済振興センター
〒500-8505 岐阜市薮田南5-14-53 OKBふれあい会館10階(県民ふれあい会館)
利用時間/8:30〜17:15 (中小企業サロンは9:00〜17:00)
休業日/土・日・祝日・年末年始
TEL 058-277-1090 FAX 058-277-1095